髪うね

パサつく髪の毛をケアして、生まれ持った自分の髪の毛と仲良く生活しよう!

髪うね

パサつく髪の毛をケアして、生まれ持った自分の髪の毛と仲良く生活しよう!

アミノ酸 シャンプーの成分とは?そもそもアミノ酸ってなんだろう?

毎日使うシャンプーを選ぶ基準って何か決めていますか??CMまたはキャッチコピーにひかれて?または、ボトルのデザインや香り?友人からのおすすめ?価格?それともシャンプー成分をしっかり見極めて??

私は今まで、香りでシャンプーを決めていました。また、シャンプーで肌荒れを起こしたことがないため、シャンプー成分なんて気にしたこともありませんでした。でも最近よく耳にする「アミノ酸シャンプー」なぜか気になるんですよね。でも普通のシャンプーの成分と、アミノ酸シャンプーの成分の違いがワカラナイ・・・・・(´・ω・`)・・
そんなわけで、調べてみました。

アミノ酸シャンプー以外の普通のシャンプーを調べてみました

化粧品やシャンプーの成分をみてみると、聞きなれない言葉がたくさん登場します。今、使っているシャンプーの成分を見てみたら、「水」の次に「ラウレス硫酸アンモニウム」って言葉が記載されていました。この成分の意味することろは一体何なのでしょうか・・

「ラウレス硫酸アンモニウム」とは

「ラウレス硫酸アンモニウム」をネットで調べると、「ラウレス硫酸」は悪い成分と紹介されているサイトがいくつもありました。でも、悪いといいつつ商品として棚に並んでいるわけなので、利点もあるはずですよね。詳しくみていきましょう。

ラウレス硫酸アンモニウムとは、「洗浄力」が高い成分です。また、この「ラウレス硫酸アンモニウム」が配合されているシャンプーは「脱脂力」が強いといわれています。「脱脂力」の意味は漢字のままですが脱脂(油分を抜き取る力」が強いため、髪の毛や頭皮に油分の多い人にとっては、洗髪後さっぱり感が味わえるという利点がありますので、スーパーやコンビニ等で販売している「ラウレス硫酸アンモニウム」の成分の入ったシャンプーを使っても、問題はないようです。

「ラウレス硫酸は悪い」という言葉がネットで氾濫している理由とは

これは、先ほどお話しした、洗浄力が高いことに起因するようです。お肌の弱い人や、かさつきがちな人が利用すると、髪のダメージに繋がります。このダメージは「ラウレス硫酸アンモニウム」の成分が、入ったシャンプーを使用し続けると、髪の毛がパサついたり、頭皮にダメージを与える確率が高くなるため、「ラウレス硫酸」の入ったシャンプーでかさつきやダメージを与えられてしまった人にとっては悪い成分となってしまうため、「ラウレス硫酸は悪い」という言葉がネットで氾濫しているようです。

なお、「ラウレス硫酸アンモニウム」は安価であるため、スーパーやコンビニで売っているシャンプーやボディーソープ等に多く使われているようです。ご自身の髪や頭皮の油分のコンディションを加味しながら利用していくことがいいかもしれません。

「ラウレス硫酸アンモニウム」が成分として入っている代表的な商品とは

「ラウレス硫酸アンモニウム」を使ったいる商品はどのようなものがあるのでしょうか。気になりますよね。ざっと確認したところ、以下の商品の表示で確認できました。

・パンテーン(P&G)
・アジエンス(花王)
・エッセンシャル(花王)
・セグレタ(花王)
・メリット(花王)
・アジエンスMEGUMI(花王)

花王のシャンプーにはほぼ「ラウレス硫酸アンモニウム」が入っていました・・
そして、シャンプーではないのですが、ビオレUにも「ラウレス硫酸アンモニウム」が入っていました。弱酸性と洗浄力は関係ないのでしょうか?
謎ですね・・・・

ラウレス硫酸アンモニウムのまとめ

利点
・洗浄力が高いので洗い上りがさっぱりする
・泡立ちがいい
・単価が安いので、シャンプーが安価に手に入る

不利点
・洗浄力が高いので、必要以上の皮脂まで取り除いてしまう
・頭皮が弱い人は髪のダメージを受けやすい
・洗浄力が高いために頭皮が乾燥し、かゆみの原因となる場合がある

 

アミノ酸を使ったシャンプーの特徴とは

普通のシャンプーの成分と、アミノ酸シャンプーの成分の違い、もちろん成分に違いがあるのシャンプーの違いは見えてきませんよね。ではここから、アミノ酸シャンプーについて、確認してきましょう。一般的にアミノ酸シャンプーというと、低刺激で、やさしいということを耳にしますよね。いったいどのようなことなのでしょうか・・・

アミノ酸シャンプーのアミノ酸とは?

私たちの体を構築するのに必要なアミノ酸は、体の血管や内臓、皮脂、筋肉などのもとになるたんぱく質の成分となります。アミノ酸は500種類もあるといわれていますが、私たちの体は500種類中20種類のアミノ酸の組み合わせによって作られています。髪の毛のほとんどは、たんぱく質からできてきますが、このたんぱく質は20種類のアミノ酸からできています。そのため、髪の成分と同じアミノ酸で髪の毛を洗うということは髪や頭皮に優しいといわれています。

通販サイトのヘアケア部門1位の商品になったシャンプーの成分とは

楽天のヘアケア・スタイリング、ナチュラルコスメ・オーガニック部門で1位になったシャンプー(ハーブガーデン)の成分を見てみたところ、ラウロイルメチルアラニンNaという表示がありました。この成分を確認してみると、ヤシ核油やパーム油などから抽出されるアミノ酸系の界面活性剤の一種であるとの記載がありました。

ラウロイルメチルアラニンNaの特徴とは

「ラウロイルメチルアラニンNa」は、アミノ酸系の洗浄成分の中では、比較的洗浄力が高いといわれていますが、「ラウレス硫酸アンモニウム」と比べると、洗浄力は低く、お肌と同じアミノ酸系で出来たシャンプーのため、頭皮に優しいシャンプーとなります。

「ラウロイルメチルアラニンNa」が成分として入っている代表的な商品とは

「ラウロイルメチルアラニンNa」を使ったシャンプーを調べたところ、以下の商品がありました。どれもお値段が、若干高めですが、ちょっと気になります。

・モイスト&フォレスト(mogans)
・ヴォーニュ ヘアチェンジ(リサージ)
・ハーブガーデン(さくらの森)
・黒髪スカルププロ(haru)

調べていて気になったのが、上記の「ラウロイルメチルアラニンNa」を使ったアミノ系のシャンプーはすべてノンシリコンシャンプーでした。ノンシリコンシャンプー・・・雑誌やTVのCMで一時期よく使われていましたが、わかっているようでわかっていない貴方のために。。シリコンシャンプーについて次に説明しますね。

シリコン入りシャンプーってどういう意味?

「最近は落ち着きつつありますが、、一時期、ノンシリコンシャンプーって騒がれていましたよね。シャンプーで使われているシリコンとは、髪の毛に被膜を作って髪を「つるん」とさせる成分のことです。シリコン成分が髪の毛に被膜を作ってくれるので、髪の毛を保護してくれる役割があります。よってこの保護膜が、キューティクルのダメージを保護してくれるので、キレ毛や枝毛を予防してくれる効果があります。

なぜ、シリコンシャンプーは悪者扱いされてしまうのか!?

シリコンシャンプーは悪者扱いされてしまう理由は、シリコンの成分によるものです。シリコン成分は、肌に付着しやすい性質をもっています。そのため、シリコン入りのシャンプーを使い続けていくと、頭皮がシリコンで塞がれてしまといわれ、次に生えてくる髪の毛が生えづらくなってしまうため、悪者扱いされているようです。この件については諸説もろもろありますが、いままで一般のシャンプーを使い続けて問題のない人にとっては、特に気にしなくてもいいのではないかな・・と個人的に感じます。

シリコンシャンプーの利点
・髪の毛を保護してくれる
・なめらかな指通りになる

シリコンシャンプーの不利点
・日々の積み重ねでシリコンが頭皮に付着してしまう

 

アミノ酸シャンプーのまとめ

アミノ酸シャンプーとスーパーやコンビニで市販されている「ラウレス硫酸アンモニウム」を使っているシャンプーを比較してみましたがいかがでしたでしょうか。

個々の商品には一長一短ありますが、まだ、手にしたことのない髪の毛の成分で出来ているアミノ酸系のシャンプーはとても魅力を感じます。お値段は若干高いですが、毎日良い香りと潤っている髪の毛を想像するだけでワクワクしてしまいます。

今使いきっているシャンプーを使い終えたら、次はアミノ酸系のシャンプーを実際に使ってレビューしますのでお待ちくださいませ♪

髪うね

Copyright© 髪うね , 2020 All Rights Reserved.