髪うね

パサつく髪の毛をケアして、生まれ持った自分の髪の毛と仲良く生活しよう!

髪うね

パサつく髪の毛をケアして、生まれ持った自分の髪の毛と仲良く生活しよう!

入院中に髪が洗えない場合の対処方法について教えます・・

予期しない入院で1週間程度、髪の毛が洗えない事ってありますよね。2日くらいまではまだ我慢できるものの、3日目以降寝てても起きても痒いし、臭いし、気になるし・・・こんな経験をしたこともある私が、入院時、髪の毛が洗えない時の対処方法について、調べてみました。

入院中で、髪が洗えない時、水を使わないシャンプーって効果ある?

東日本大震災の時にも使われた、水を使わないシャンプー。私は、おばぁちゃんが入院していた時に使っていた資生堂の「水のいらないシャンプー」しか知らなかったのですが、複数のメーカーが販売していました。資生堂の商品よく見ると「ドライシャンプー」という商品名でした。なるほど・・・

水を使わないシャンプーの主な商品


商品名:フレッシィ ドライシャンプー ボトルタイプ
内容量:250ml
メーカー:資生堂
主な成分:エタノール、水、メントール、セイヨウノコギリソウエキス

利用者の声
・臭いは、やわらぎますが、髪のべとべとに効果を感じない
・ややアルコール臭い
・地肌がスーッとして気持ちがいい
・場所を選ばずリフレッシュできる

 


商品名:フレッシュケア ドライシャンプーフォーム
内容量:180g
メーカー:コーセー
主な成分:水、エタノール、カミツレ花エキス

利用者の声
・泡状になってるので、使いやすい
・髪にすぐなじみ、頭皮の嫌なにおいが消える
・髪がキシキシするようになった
・じわじわと効果がでた

 


商品名:水のいらないリフレッシュシャンプー
内容量:150ml
メーカー:DHC
主な成分:水、エタノール、オリーブ葉エキス、メントール

利用者の声
・さっぱりして気持ちが良い
・スーッとしてリフレッシュできる
・アルコール臭い
・皮脂が気になる人に向いている
・濡れた髪を乾かさないといけない

 

3つの商品ですが、成分を見ると基本的には「エタノール」と「水」ですね。また、2社の商品が、メントールが入っていました。主観は個々に異なりますので、あくまで、シャンプーができない非常事態の一時しのぎの商品と割り切って、シャンプーした時の爽快感は期待せず、リフレッシュするための商品ととらえてのご利用が望ましいのかなと感じました。頻繁に使うものではありませんが、成分や、利用者の声をもとに、ご利用をご検討ください。

水を使わないシャンプーの使用方法

1.ケープやタオルを肩にかける
※髪の毛が抜けた場合に処理しやすいため
2.髪全体をブラッシングする
3.くしで分け目をつけて分け目に沿って水を使わないシャンプー適量をつけていく
※スプレーや泡フォームでない商品はコットンにつけてから分け目につける
4.全体につけた後に指の腹で頭を揉みこむようにマッサージする
※シャンプーといわれる成分が全体的に行きわたり爽快感が増します

なお、記載した内容は一般的な全体の商品に使える方法です。使用前に商品の利用方法確認のうえお試しくださいね。

入院中で、髪が洗えない時に使うシートタイプのシャンプーって効果ある?

実際に入院をして、調べるまで、このようなシートタイプの水を使わないシャンプー商品があるとは思いもよりませんでしたが、高齢社会な日本では、必要不可欠な商品なのかもしれません。それでは、シートタイプの商品を確認してみましょう。


商品名:フレッシュケア ドライ シャンプーシート
内容量: 10枚入
メーカー:コーセー
主な成分:水、エタノール、カミツレエキス

スポンサーリンク
利用者の声
・香りも気にならず、拭いた後はスッキリ爽快
・シートが薄くて若干小さめ
・ベタベタするような不快感やかゆみもなく使いやすい
・蒸しタオルで拭いたときと同じ感じ

 


商品名:ふくだけ簡単 シャンプーナップ
内容量: 30枚入
メーカー:ハビナース
主な成分:水、エタノール、グリセリン、ウイキョウエキス

利用者の声
・シートが大きく、しっかりしているので、使いやすい
・柑橘系のいい香りでさっぱりする
・匂いがきつすぎる
・生地が厚いので使いやすい

 

水を使わないシャンプー(シートタイプ)の使用方法

1.ケープやタオルを肩にかける
※髪の毛が抜けた場合に処理しやすいため
2.髪全体をブラッシングする
3.髪の毛、頭皮をふき取る

なお、記載した内容は一般的な全体の商品に使える方法です。使用前に商品の利用方法確認のうえお試しくださいね。

番外編
手袋タイプのシャンプーもありました。手を洗うこともできない人にとっては便利なのかもしれません。

商品名:手袋シャンプー
内容量: 5枚
メーカー:本田洋行
主な成分:PG、ウンシュウミカン果皮エキス、クエン酸

入院中で、髪が洗えない時は蒸しタオルや熱いお湯のタオルで拭くと効果的!?

おそらく、だいぶ前から使われているこの方法、実際のところ、効果的なのでしょうか。蒸しタオルの作り方、熱いお湯で洗ったタオルで髪の毛や頭皮を拭く方法と、その効果についてお伝えしますね。

いまどきの病院ではコミュニケーションルーム(款談室)に電子レンジが置いてあるところも多いようです。この電子レンジを使って簡単蒸しタオルを作りましょう♪

カンタン・蒸しタオルの作り方

1.タオルを濡らし、十分に水を切ります
2.1.のタオルをジップロックに入れて500Wで1分間加熱
※ジップロックは入れなくてもOKですが、部屋までの行き来を考えると少しでも冷めにくくするため、使用しています

難しそうに思われる蒸しタオルですが、実はこれだけなのです。水分の量やレンジで加熱する時間により自分好みの蒸しタオルに調整することも可能です。

入院中は何度もレンジをすることができないと思いますので、タオルを2-3枚用意して、加熱してから部屋に戻るといいかもしれません。

熱いタオルの作り方(お湯編)

1.タオルを用意します
2.熱いお湯で濡らして、絞るだけ!
部屋に洗面台や、給湯室が遠い場合には蒸しタオル同様、数枚のタオルを用意して、ジップロックに入れて部屋に持ち込む方法がいいかもしれません。

蒸しタオルや、熱いタオルを使って髪や頭皮をケアする方法

1.ケープやタオルを肩にかける
※髪の毛が抜けた場合に処理しやすいため
2.髪全体をブラッシングする
3.くしで分け目をつけて分け目に沿って熱いタオルで頭皮と髪の毛を拭いていく
※右・左・前・後と分けて行っていくと、拭き残りが防げます
4.全体に拭き終わったら、タオルを頭に乗せ指の腹を使って全体席にわしゃわしゃする
5.髪をセットしておわり

なお、私が入院した病院では、使い切りタイプの温かいタオルを1日3回(朝、昼、夜)持ってきてくれました。顔と体用に分かれていて、サイズは280mm×360mm のものと、600mm×255mmの2タイプがありました。今回幸いにも顔は自由に洗える状況でしたので、私は小さいタオルを使って頭皮と髪の毛を朝夕拭いて洗えない髪の毛のケアをしていました。

お見舞いに来る家族に自身の臭いについて聞いてみると、部屋に入った瞬間も、髪の毛の見た目も1週間髪を洗っていない人とは思えないほど小綺麗である・・・とのことでした。まぁ、家族なので、私の臭いに慣れて、よく目で言ってるのかもしれませんが、お風呂に入れないことで生じている体臭で先生や、看護師さんに不快に思われていないのであればいいのですが・・・( ˘ω˘ )

入院中で、髪が洗えない時のシャンプーについてのまとめ

普段は気にしていない髪の毛が洗えない場合のシャンプー方法ですが、こうしてみると複数の選択肢があることがわかりました。入院されている方の症状や、体調によってもケアできる内容は異なりますが、お風呂に入れない場合の一時的なリフレッシュ方法としては、どれも有効ではないかなと思います。

私は、不燃タオルを使った昔からの方法で頭皮ケアをしていましたが、使い捨てなので、タオルを乾かす手間もなく、最低限の清潔を保ててよかったなと思います。なお、余談ではありますがこのケアをする際に、耳の後ろを拭いたらめっちゃ黄色くなって焦りました。臭いのもとは耳の後ろにも潜んでいたのかもしれません。ご自身でケアされる場合には、ぜひ耳の後ろの拭き忘れにご注意くださいませ。

スポンサーリンク

髪うね

Copyright© 髪うね , 2020 All Rights Reserved.