髪うね

パサつく髪の毛をケアして、生まれ持った自分の髪の毛と仲良く生活しよう!

髪うね

パサつく髪の毛をケアして、生まれ持った自分の髪の毛と仲良く生活しよう!

【大島の椿油】数滴でパサパサ髪がしっとりツヤツヤ髪になるって本当!?

ドラックストアやスーパーで昔から目にする黄色い箱に椿の絵がかいてある【大島の椿油】いまだに陳列されているということは、ひそかなベストセラーに違いない!と思っている方は多いのではないでしょうか?でも、なかなか手に取りレジにすすむ勇気のないあなたに【椿油】(つばきあぶら)の利点と欠点をまとめてみました。

スポンサーリンク

そもそも、【大島の椿油(つばきあぶら)】って何!?

大島の椿油とは、1927年(昭和2年)創業の 大島椿というメーカーで創業当時より販売している椿油100%の天然由来のオイルのことを指します。

椿油は、椿の種子から採った天然の椿油100%を使用されており、大島の椿油の成分表を見てみると、「椿油100%/カメリア種子油」と記載されています。香料は使用されていないため、自然な香りを楽しむことができる天然オイルです。

また、椿油は皮脂と同じ成分(オレイン酸)を含むため、肌になじみやすいという特徴があります。そのため、髪の毛や頭皮はもちろん、スキンケア・ボディケア、リンパマッサージ・フェイスマッサージ等々と用途の幅が広く使えます。そのため、万一髪の毛でいまいち効果が感じられなかった場合には、ボディケア用のオイルとして使用できるのが嬉しいですね。

なお、100%天然由来のオイルなので、冬に寒い場所に置いていると、固まってしまうというハプニングが起こるようです。ちょっと不便かなとも思いますが、天然オイルの証だなと、私は好意的にとらえてます。

・椿油100%の天然由来のオイル
・皮脂と同じ成分(オレイン酸)を含むため、肌になじみやすい特徴がある
・冬に寒い場所に置いていると、固まってしまう

パサパサした髪の毛に効果的!?椿油の使用方法と利用者の声

椿油を使用したことのある数名にアンケートしたところ、使用前の髪質が「パサパサ」しているという声が多く聞かれました。ではみなさんどのようにして利用されているのでしょうか。

<Aさんの場合>
髪質:柔らかくて切れやすい、うねりが目立ち広がりやすい
髪の長さ:ロング
髪の悩み:年齢と共にうねりが目立ち、広がりやすい髪質になった

使用方法:
1.手のひらに1円玉大の椿油を手に取る
2.手のひらに伸ばし、体温で温めながら椿油を両手の手のひらに伸ばす
3.髪の内側から少量づつ、 撫でるようにつける
4.髪の表面は手のひらに残ている椿油を撫でるだけでOK
5.髪の毛全体につけ終わったら、お湯で髪全体を軽く濡らし髪になじまる

※Aさんの体験談はこちらをご覧ください

<Bさんの場合>
髪質:パサパサ、ブラッシング時髪の毛が絡む
髪の長さ:ショート
髪の悩み:不規則な生活リズムのため、髪のコンディションが最悪でパサパサ

使用方法:
1.洗った髪の毛に椿油適量を伸ばしシャワーキャップをかぶって就寝
2.翌朝、洗面器に5滴ほど椿油をいれ、お湯とかき混ぜ、椿油湯をつくる
3.シャンプーとコンディショナーをする
4.よくすすいだ髪に「2.」で作った椿油湯を毛先になじませていく
5.最後に、残った椿油湯を頭全体にかける
6.2分程、放置した後にシャワーで流す

※Bさんの体験談はこちらをご覧ください

<Cさんの場合>
髪質:チリチリでパサパサなくせ毛
髪の長さ:ボブ
髪の悩み:沢山のヘアケア製品を試すも、髪質に合う商品に出会えなかった

使用方法:
1.タオルドライ後、椿油を4-5滴ほど手に取り、髪全体になじませる
2.ドライヤーで髪を乾かし、その後乾いた髪にさらに2滴程、椿油を馴染ませる
3.仕上げにブラッシングする

※Cさんの体験談はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

皆さんいろんな方法を試されているようです。気になる方法はありましたか?その他、メーカーのサイトには、オイルを使ったパックの方法やマッサージ方法が記載されておりますので、気になる方はメーカーページをご確認ください。

良いことばかりじゃない!椿油の適量を間違えると大変なことに

ドライヤーの熱や、ダメージから髪を守り、髪にうるおいや、ツヤを与えてくれる万能な椿油ですが、万人受けする椿油でも、いくつかの欠点があるようです。使い方によってはその日一日ブルーになっちゃうかもしれませんので、椿油の利点と欠点をまとめてみましたので、ご確認ください。

【椿油の利点】
・伸びがいい
・コスパがいい
・自然な香りで癒される
・髪がつやつやする
・ヘアアイロンの熱から髪の毛をプロテクトしてくれる
・まとまりがよくなる
・梅雨の時期の広がりを抑えてくれる
・サラサラになる
・ほぼ無臭

【椿油の欠点】
・つけすぎるとベタベタ、ギトギトする
・夜に保湿目的で使用すると枕がべたべたする
・適量を越してしまうと、髪の毛洗ってないような人になる
・一部中国産の種子が原料に入っている

欠点に関しては、ほとんど、「量」が関連しているため、使い始めは、お休みでお出かけしなくてもよい日を選んで、試す方法が良いかもしれません。なお、アウトバストリートメント(流さないトリートメント)として使用する場合には、「ショート、1滴」「セミロング、1-2滴」「ロング、2-3滴」とメーカのHPや商品の説明書に記載されています。なお、椿油はよく伸びます。そのため、少ないかな?と感じる1滴から使ってみることが大切です。多いと、ベタベタになってしまったという使用者の声は多いので、気を付けてくださいね。

<アウトバストリートメント>
ショート:1滴
セミロング:1-2滴
ロング:2-3滴
※髪質によって異なりますので、自分の適量を見つけてください

また、成分は「カメリア種子油」と記載されておりますが、メーカーに確認したところ、原産国は、日本(伊豆大島、長崎県)中国のカメリア種子油を使用しており、メーカー(大島椿)の品質をクリアした種子のみを原料として使用しているとのこと。製造は日本ですが、原産国までこだわる人は購入を控えたほうがいいかもしれません。

椿油で簡単スカルプ(頭皮)ケアができちゃうなんて!


※画像はメーカーサイトより抜粋

普段、マイクロスコープで頭皮を見ることはありませんが、画像のように頭皮の周りには皮脂の汚れや、ふけなどがついているようです(ぎょぎょぎょ。。。)シャンプー前に椿油を使い、スカルプケアすることで、頭皮の汚れを浮かせ、浮いた皮脂を洗い流すことにより、綺麗な頭皮を保つことができるんですよ。

毎日のケアが推奨されておりますが、毎日は難しいと思いますので、週1回のスカルプケア(頭皮ケア)を試して、頭皮美人を目指しましょう!

<椿油を使ったスカルプケアの方法>
1.小皿にスプーン2杯程度のオイルを分ける(5-10ml)
2.指先に椿油つけておでこの生え際から後ろに向かい頭皮を撫でるようにつける
3.耳のわきから頭頂部にかけて同じように逃避を撫でるように椿油を指の腹をつかいつける
4.襟足から頭頂部に向かい、同様に椿油をつける
5.指先の腹の部分で頭皮全体をマッサージする
6.3-5分程度なじませる(放置する)
7.ぬるま湯でよくすすぐ
8.シャンプー/リンスやコンディションをする
9.タオルドライ後、ドライヤーで頭皮をかわかすように上から乾かす。

まとめ

いかがでしたか?昔の人の知恵が今の時代に受け継がれている椿油。店頭で見つけたら手に取ってみたくなる商品ですよね。万一髪の毛に合わなかった場合でも、クレンジングやボディマッサージやリンパマッサージに使える万能オイルなので、安心です。トリートメントとして、使っていますが、椿油を使ってのスカルプケアはまだ行ったことがありません、私も早速、試してみたいと思います。

スポンサーリンク

髪うね

Copyright© 髪うね , 2020 All Rights Reserved.