髪うね

パサつく髪の毛をケアして、生まれ持った自分の髪の毛と仲良く生活しよう!

髪うね

パサつく髪の毛をケアして、生まれ持った自分の髪の毛と仲良く生活しよう!

毎日の〇〇ケアでお金をかけずにお顔のリフトアップできちゃうの?

アラフォー世代になると気になる、「お顔のたるみ」リフトアップや高級クリームで毎日お手入れしていても、効果が感じられない場合ありませんか?実はお顔の上にある頭の「頭皮のたるみ」が原因かもしれません。

スポンサーリンク

お顔と頭皮の「た・る・み」自分にこの言葉が当てはまる日が来るなんて・・・

ご自身の顔から頭まで手で触ってみてください。「顔の皮膚」と「頭皮」どこかに境目がありましたか?触っていただき、実感されたと思いますが、お顔と頭は一枚の皮でつながっていますね。そのため、顔のたるみが気になって顔ばかりお手入れしても、頭皮がたるんでしまっていると改善が目に見えない状態になってしまいます。ここでは、「頭皮のたるみ」にきく「頭皮ケア」についてお話ししていきます。

「頭皮ケア」と言われ、一番頭に浮かぶことは何でしょうか?「ヘットスパ!?」「頭皮マッサージ!?」どちらも頭皮ケアの代表ではありますが、毎日となると時間もお財布も大変ですよね。そこで、自宅でいつも行っている「あること」に少しだけ手を加えると、毎日お手入れができて、時間もお財布にも優しいのです。そのあることとは一体何でしょうか!?

毎日お手入れができて、時間もお財布にも優しい「あること」とは!?

先日、目にとまった本に「頭皮のケアをしていないと若々しい肌にはなれない・・」なんて記事がありました。興味深く読み進めていくと、毎日のシャンプー方法を変えるだけで、頭皮が引き締まり、髪のコンディション、また、お肌のリフトアップにも効果的との記載がありました。私自身、この記事を読んでから実践して2週間目ですが、リフトアップについては効果を感じられておりませんが、頭皮が柔らかくなり、目が少し大きくなった「気」がします。また、一番入しいことは、このシャンプー方法を実践してから、頭皮が呼吸していると感じるようになりました。大げさな・・・と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、すっきりした感じを受けています。経験しなければわからないこの感覚をあなたにも試していただきたいです。

<シャンプーは何を選べばいいの?>
・ご自身の髪質にあったシャンプーで問題ありません。香りや髪質にあったシャンプーを選んでください。
・一般的に損傷している髪や細くて乾燥気味の毛髪にはアミノ系のシャンプー、皮脂がべたべたしている場合には、洗浄力の高い脂性用シャンプーが良いとされています。

毎日使うものですので、好きな香りや癒される香りのシャンプーがいいですね。

<シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーどちらが良いの?>
CMの影響からか、シリコンシャンプーは悪いもの、ノンシリコンシャンプーは良いものと洗脳されていましたが、実際にノンシリコンシャンプーを使ってみたところ、髪にボリュームがあり、ヘアアイロンを使う私の髪の毛には合わないものでした。では、シリコンシャンプーと、ノンシリコンはどのような違いがあるのでしょうか。

【そもそも「シリコン」って何?】
・合成高分子化合物の総称ですが、シャンプーに使われているシリコンとは、髪の毛を保護(コーティング)する目的で使われています。

【シリコンシャンプーとは!?】
・髪の毛を保護(コーティング)する成分が入っているシャンプーで、髪の毛の手触りがよく、髪に光沢が生まれてくれるという利点があります。シリコンが毛穴につまるなど言われておりますが、現在のシャンプーでは、適量を守ってよくすすぎを行った場合、シリコンが毛穴につまり髪の傷みを進行させるといったようなことはほぼないようです。

スポンサーリンク

【ノンシリコンシャンプーとは!?】
・髪の毛を保護(コーティング)する成分が入っていないので、マイルドな洗い上がりとなるため、髪の毛本来の状態になるシャンプーです。頭皮トラブルのある人や髪の毛にコシのない人(毛の細い人)に向いているようです。

【ヘアリンスとトリートメントの違いとは!?】
・リンスは毛髪に自然な光沢と柔軟性を与えて髪の表面の状態を整えるのが目的
・トリートメントとは、処置する、手当をするという意味なので、傷んだ髪を修復するもの

<頭皮ケアするシャンプーの方法とは!?>

・ブラッシングで毛のもつれをとき、頭皮の汚れをうきたたせる
・温水で予備洗いをする
(ここまでで、大半の汚れが落ちます)
・シャンプー剤をつけたら頭皮を傷つけないよう、指の腹を使ってマッサージするように洗う
・すすぎ残しは頭皮トラブルの元になるので、念入りに温水ですすいでください
・トリートメントは毛穴のつまりにならないよう、地肌にはつけない

シャンプーは頭皮の表面に出ている毛よりも、頭皮の洗浄に力を入れることが重要です。頭皮がしっかり洗えていないと、毛包やその他の細胞によって出来た老廃物が毛包内部にたまり、発毛の邪魔をしてしまいます。シャンプーで頭皮の老廃物を取り除き清潔な頭皮を保ちたいものです。

覚えれば簡単!?血行を促す頭皮マッサージとは!?

毎日のシャンプー方法を変えるだけで、頭皮が引き締まりお顔のリフトアップが期待できることをここまでお話しましたが、プラス週1-2回の「頭皮マッサージ」により、さらに血行を促し、薄毛や白髪予防にも良いとされる「頭皮マッサージ」の方法を確認してみましょう。

【頭皮マッサージする利点】
・血流が届きにくい耳の前くらいから頭頂部までの血行を促す
・頭皮を柔らかくする

<頭皮マッサージの仕方>
1.指を組んで頭頂部に乗せる
2.手のひらを使い左右の手のひらを頭頂部に向かうように揉みほぐす
3.指を離し、耳のまわりを手のひらを使って小さな円を描くように頭頂部に向かってマッサージする
4.指の腹を使って頭の後ろや耳の後ろを下から上に向かって揉みほぐす
5.5本指を使って頭全体を揉みほぐす

1週間に1-2回のスペシャルケアで頭皮の臭いを防ぐ方法教えます

特別なヘアケアアイテムを揃えなくても、キッチンにあるあるアイテムで頭皮に溜まった脂を溶かして美髪になれるって知っていますか?アラフォー世代にぴったりの美髪作り教えます!今回使用するのは、キッチンにあるであろう「オリーブオイル」です。どのような効果があるか見てみましょう。

<オリーブオイル(エキストラバージンオリーブオイル)にはどんな効果があるの!?>
・紫外線をカット
・抜け毛
・頭皮のかゆみ
・臭いの元をカット
・髪の血行がよくなる
・オレイン酸が脂肪酸を補う

<オリーブオイルを使った頭皮マッサージとは?>
1.ブラッシングして汚れをおとす
2.小さじ2程度のオリーブオイル(エキストラバージンオリーブオイル)を頭皮にまんべんなくつける
3.蒸しタオルをまき20分程度おく
※この時点で湯船につかってもOK
4.シャンプー、リンスする
頭皮の酸化した脂をとかし、髪の毛をきれいにする役割がありますので、週1-2回程度の頻度でお試しください。

<オリーブオイルを使ったシャンプー後のヘアケアの方法は?>
・シャンプー後水気を切った髪の毛に数滴(1-2滴程度)を手に取り、地肌をマッサージ
・毛先やパサつきの気になる部分に少量のオリーブオイルをなじませる

まとめ

いかがでしたか?
毎日のケアから、週1-2回のケアで顔や頭皮のたるみがなくなり、久しぶりにあった友人に「あれ?綺麗になった!?」なんて言われたらうれしいですよね♡毎日のシャンプーから見直し、綺麗な頭皮で美髪とお顔のたるみを撃退しちゃいましょう!

スポンサーリンク

髪うね

Copyright© 髪うね , 2020 All Rights Reserved.