髪うね

パサつく髪の毛をケアして、生まれ持った自分の髪の毛と仲良く生活しよう!

髪うね

パサつく髪の毛をケアして、生まれ持った自分の髪の毛と仲良く生活しよう!

美容専門学校生が教えるネイルをした手で頭皮マッサージする方法

私は、21歳の美容専門学校に通う女性です。今回は「ネイルをした手でも出来る頭皮マッサージ」についてご紹介します。

スポンサーリンク

ネイルした手で頭皮マッサージするとき気を付けて欲しい事

髪質や、量はあまり関係ありませんが、頭皮が弱い方はあんまり力を入れてマッサージしないで下さい。爪に負担がかかってネイルが取れてしまうトラブルの原因になります。そして、爪は絶対に立てないでください。シャンプーでもそうですが、頭皮を傷付けてしまうとバイ菌が入ったりして化膿してしまったり、毛が抜ける原因になりかねません。短いショートネイルなら問題ありませんが長いロングネイルをしている方は特に気を付けてましょう。

ネイルをした手でする自宅での頭皮マッサージ方法

ネイルに負担をかけない為にも指の腹を使って行います。色んな方法があると思いますが、私はシャンプーの前にツバキオイルや髪に良いと言われているオイルを手になじませます。次に優しく生え際からや耳の裏など汗の出やすい所からマッサージしていきます。優しく揉みほぐす様にリンパの流れにそってたまにツボを押したりすると気持ちいいですよ。

だいたいマッサージが終わったら電子レンジで蒸しタオルを作ってください。出来上がったら頭に蒸しタオルを巻いて毛穴を開かせる為にしばらく放置します。私は五分くらい置いています。耳の火傷に注意してくださいね。五分たったらタオルを取ってもう1度軽くでいいので頭皮全体をマッサージして下さい。

スポンサーリンク

それが出来たらシャンプーで洗い流して行きます。くれぐれも爪は立てずにです。そして、余りにも乾燥肌ではない方以外はシャンプーは2回行って下さい。大体の人は洗ったつもりでも頭皮の油汚れは落ちていないのが現実です。最初はオイルを落とすイメージで、2回目は少なめのシャンプーで優しくで構いません。これだけで頭の臭いや、スッキリ具合は変わってくると思いますよ。

ゴシゴシ、爪を立てての頭皮マッサージはNG

気持ちいいからと爪を立てていってマッサージしてしまったことがあります。その時は気持ちよいのですが、ネイルが先から浮いてきて長持ちさせる事が出来なかったことがありました。せっかくしたネイル長持ちさせたいですよね。なので、頭皮マッサージするときは爪を立てないようお気を付けください。

また、夏は汗を沢山かく季節なのでわしゃわしゃ洗いがちですが、これが乾燥の原因になって体が皮脂を出そうとするので余計に脂っぽくなるのです。なので、ゴシゴシ洗いはしていません。あくまで優しーくです。そして、シャンプーを頭のてっぺんから付けないようにしています。そこから禿げていきます。

シャンプーは後頭部からマッサージしていき、頭皮マッサージ同様生え際や耳の裏をよく洗います。
髪のケアには濡れた髪にクシを通さない事。キューティクルが破壊されてしまいます。乾かす時は頭皮からしています。頭皮が何時までも濡れたままだと、フケの原因になったりもします。

余談ですが、せっかくした綺麗なネイルが水仕事や、家事で取れやすくなってしまうのは嫌ですよね。最終手段で100均などに売っている頭皮マッサージグッズを使うのもありだと思います。生き生きとした頭皮が持続できれば、夏の紫外線にも負けないツヤツヤで美しい髪が生えてくると思いますよ。

スポンサーリンク

髪うね

Copyright© 髪うね , 2020 All Rights Reserved.