髪うね

パサつく髪の毛をケアして、生まれ持った自分の髪の毛と仲良く生活しよう!

髪うね

パサつく髪の毛をケアして、生まれ持った自分の髪の毛と仲良く生活しよう!

髪のパサつきにはオイルパックが効果的?気になるオイルパックの方法とは

外出するとき、日傘や帽子など、紫外線対策していますでしょうか?日々の生活で、何気なく浴びている紫外線は、髪の毛のパサつきに影響を与えているかもしれません。残念ながら、パサついた髪の毛をツヤツヤな髪に復活することはできませんが、これ以上のパサつきを抑えて、ツヤツヤな髪な髪へと補修するオイルパックの方法を紹介します。

髪がパサつく原因?紫外線が髪に及ぼす影響とは

「紫外線」は晴れている日も曇りの日も地上に降りてきているといわれます。体に必要な栄養素である「ビタミンD」を生成を促してくれるため、体に悪い影響ばかりではありませんが、髪への影響を考えると、予防をせずにはいられないようです。

髪の毛は18種類のアミノ酸が結合してできた「タンパク質」からできています。紫外線が髪の毛にあたると、アミノ酸の結合が分解されるといわれ、この分解により、髪の毛表面を覆っているキューティクルがはがれてしまい、結果、髪の毛の成分である「タンパク質」が流出し、髪の毛がパサつく原因が生じてしまいます。

パサついた髪の毛にはオイルパックが効果的?

髪の毛のパサつきを感じた場合、トリートメントで保護したり、リンスやコンディショナーの時間を少し長めにしたりしてケアされている方も多いのではないかと思います。もちろん、その方法に間違いということはありませんが、いつものケアにプラスして「オイルパック」を試してみてはいかがでしょうか。

オイルパックの利点
・手軽にできる
・いつもシャンプーリンスが使える
・週1のケアで美容院帰りのサラサラな髪の毛が手に入る(※個人差あり)

オイルパックの不利点
・オイルがべとつく
・オイルパックを洗い流すため、2回程度のシャンプーが必要

オイルパックに適したオイルとは?

オイルパックには、ドラックストアや、スーパーの食品売り場などで気軽に手に入る植物性のオイルでOK! オイルパックは美容師さんのお勧めで、数年前からいろいろなオイルで試しています。

いろいろなオイルを使いオイルパックした経験をもとにランキングで発表します!すべて私の主観ですが、オイルパックをしてみたいという人には参考になるかもしれません。

7位 ココナッツオイル

ココヤシ果実という大きな種子内部の胚乳部分から抽出精製されるオイルです。ヤシ油と呼ばれることもあり、ふんわり甘い香りが特徴です。

商品名:有機エキストラヴァージンココナッツオイル 425g
メーカー名:ブラウンシュガーファースト
参考価格:1,870円(2017/10現在のAmazon価格)
お気に入り度:

<ココナッツオイルパックしてみた感想>
食用のココナッツオイルを使用。無色透明でさらさらしているため扱いやすいですが甘い香りが残るため、香りの強いシャンプーですと匂いがぶつかり、喧嘩してしまうため、私には向いていませんでした。また、使用後はしっとりしますが、ドライヤーをかけるたときにするふんわり甘い香りが苦手でした。

6位 オリーブオイル

言わずと知れた、オリーブの果実を圧搾することによりできるオイルです。エキストラバージンオリーブオイルと、ピュアオイルがありますが、オイルパックの場合には、「エキストラバージンオリーブオイル」の使用を推奨します。

商品名:スペイン産 ミニオリーバ エキストラバージンオリーブオイル ポーション 14ml×100
メーカー名:ALCALA OLIVA
参考価格: 3,300円(2017/10現在のAmazon価格)
お気に入り度:★★

<オリーブオイルパックしてみた感想>
小分けになっているエキストラバージンオリーブオイル使用。
普段食べているオイルを髪のパックとして使うことに若干抵抗がありましたが、香りもきつくなく、伸びもいいため、パックしやすいと感じました。なお、パック後はいつもより髪の毛がしっとりサラサラになりました。何も問題はありませんが、個人的にオリーブオイルを髪の毛に使うことに抵抗があるため、お気に入り度は低めです。オイルパックを初めて試してみる分には使いやすいオイルではないかと思います。

5位 アボカドオイル

オレイン酸が含まれるアボカドの種子からできたオイルです。ベビーオイルのようにお肌全体に使ってもOKです。保湿力効果が期待できるので、乾燥している時期の利用に適しているかもしれません。

商品名:100%ピュア アボカドオイル863681 910g
メーカー名:AHUACATLAN
参考価格: 2,038円(2017/10現在のAmazon価格)
お気に入り度:★★

<アボカドオイルパックしてみた感想>
無色透明でほぼ無臭さらさらしているオイルです。サラサラしているので、髪にも浸透しやすく感じました。洗い上がりはしっとりしているのですが、ビンが大きく使いづらいため、おすすめ度低めです。

4位 アルガンオイル

モロッコに生育するアルガンツリーの種子からできるオイルです。美容成分が高いといわれ、多くの美容に関する製品に使われています。

商品名:ビオオイル アルガンオイル 50mL 3,500円
メーカー名:メルヴィータ
参考価格:3,780円(2017/10現在のメーカーサイト価格)
お気に入り度:★★★★

<アルガンオイルパックしてみた感想>
色は黄色味がかっており、独特の香りがします。言葉では言い表せないのですが、私は好きな香りです。伸びもよく、頭皮や髪のへの浸透も問題ありませんが50mlで3000円を超すため、コスパが気になるところです。お気に入り度は高めですが、コスパの関係で4位にしてみました。

3位 ライスオイル

ビタミンEが豊富に含まれている米ぬか油でできたオイル。米ぬかで油が抽出できるとは驚きですよね。

商品名:RICENAL美容オイル 60ml
メーカー名:ヴァーチュ
参考価格: 1,071円(2017/10現在のAmazon価格)
お気に入り度:★★★

<ライスオイルパックしてみた感想>
米ぬかオイルに、バラのオイルが含まれているので、リラックス効果が高いオイルです。無色で、さらりとした使い午後地です。香りも強すぎないので、オイルパックや、アウトバストリートメントとして、使用しています。現在すでに3本以上使いへビロテしている商品です。

2位 つばきオイル

椿(つばき)の種子から抽出したオイルです。ふんわり甘い香りがする感じを受け、ドラックストアやスーパーなどでよく見かける比較的入手しやすいオイルです。

商品名:大島椿 60mL
メーカー名:大島椿
参考価格: 936 円(2017/10現在のAmazon価格)
お気に入り度:★★★★

<つばきオイルパックしてみた感想>
ふんわり甘い香りの黄色いオイルです。見た目ギトギトしていますが、オイルはさらさらしています。友人に勧められ使ってみたところ、毛穴の汚れを取り除き、しっとり、サラサラな感じを受けたため、お気に入り度トランクが高めです。

1位 アーモンドオイル

抗酸化作用の高いビタミンEが豊富に含まれている、と言われる、アーモンドの種子からできたオイルです。

商品名:スウィートアーモンドオイル 200ml
メーカー名:無印良品
参考価格: 1,900円(2017/10現在のメーカー価格)
お気に入り度:★★★★★

<アーモンドオイルパックしてみた感想>
無色、無香料で、さらっとした使い心地です。このオイルを使い始めてから、美容院に行ったら、髪質が変わりましたね。と言われるくらい私には向いていたオイルでした。大き目のボトルなので、オイルパックや、アウトバストリートメントとして使用しています。

髪のパサつきを抑えるオイルパックの方法とは

パックというと、シャンプーをした後にするってイメージありませんか?今回ご紹介する髪のパサつきを抑えるオイルパックはシャンプーする前にパックする方法です。

湯船の蒸気がスチーマー代わりになってくれるので、お風呂に入る前に行うと効果的です。それでは、オイルパックの方法を確認してみましょう♪

1.ブラッシングから!
髪の毛を2分から3分程度ブラッシングし、髪の毛についているほこりや絡まりを取り除きましょう。このときのブラッシングは「毛先}>「中間」>「根本」と順を追ってブラッシングしてください。

2.オイルのつけすぎ注意!
小さじ1程度のオイルを手に取り、両手を握るようにして、体温でオイルを温めたら、パサつきの激しい部分を中心にオイルをつけていきます。一度に多くオイルを手にすると、付けすぎの原因になるので、必ず小さじ1程度を目安に、足りない場合には同じくらいの量を足しながら、髪全体にいきわたるようにつけてください。

3.蒸しタオル使用でうる艶な髪に!
全体につけ終わったら、頭皮を揉みこむようにわしゃわしゃと髪全体をマッサージし、お湯やレンジをつかい、蒸しタオルを作って髪全体を包み込み湯船につかりながら10分程度なじませてください。

4.シャンプーは2回!?
10分程度なじませたら、ぬるま湯で髪全体をすすぎ、頭皮まで十分に水分がいきわたった時点で、シャンプーをしてください。若干オイリーな感じが残るので、気になる方は、2回程度シャンプーをしてください。

5.いつものコンディショナーでOK
いつも使っているコンディショナーやリンスを行いよくすすぎを行ってください。いつもより、頭が軽くなった感じを受け、髪がしっとりしていることを実感できると思います。

6.ガシガシふかないこと!
タオルドライは乾いた清潔なタオルを使い、頭皮についている水分をたたくように水分を取り除いてください。

7.パサつく髪には追加でアウトバストリートメント?
根元から髪の毛を乾かし完了ですが、髪のパサつきが気になる人は、タオルドライの後、小さじ1程度の同じオイルをアウトバストリートメントとして使用することもできます。ご自身の髪の毛のコンディションを確認しながら、付け足してみてください。ここではオイルのつけすぎ注意してくださいね。

まとめ

どのオイルを使ってもしっとりパサつきを抑えられる結果となりました。植物性のオイルであれば、問題ないようですので、髪のパサつきが気になる方は自宅にあるオリーブオイルやココナッツオイルを使ってケアしてみてはいかがでしょうか。

なお、今回使っているオイルは、パックのほかに、アウトバストリートメントとして利用することもできますので、オイルパックしない日は、洗髪後のタオルドライの後や、ドライヤーをかける前につけて、パサつきを抑えてはいかがでしょうか。髪質やオイルにより効果も異なってきますので、いろいろ試しながらお気に入りのオイルが見つけつつ、パサつきをケアしていきましょう!

髪うね

Copyright© 髪うね , 2020 All Rights Reserved.